2学期が始まりました!

夏休みが終わり、2学期が始まりました!

夏休み中は、ピアノの練習が集中してできた生徒さんもいれば、家族での旅行や遊びに集中した生徒さんもいて…(笑)

私は、どちらもありだと思います♫

長いお休みにしかできないことに、色々取り組めたら良いですね。

でも、どの生徒さんも、2学期に入って順調にピアノの練習を頑張ってくれているようです。

少しずつ、レベルアップしてくるのが実感できると、がぜんヤル気も出てくるモノです。

そこに到達するまでの頑張りができるかどうか…

これは、ピアノの先生の伴走力にかかってきます。

小さいころから、ガンガン突っ走れる生徒さんもいれば、ゆったりのんびり歩いては戻り、止まってみたりする生徒さんもいます。

 

ピアノと長ーいお付き合いができるように、できれば大人になっても楽しめる趣味として残るようなlessonをしていきたいです。

大人から始めた生徒さんたちも、皆さん、お仕事や家事と両立しながら、楽しんで、頑張って練習してくださるので、どんどんレベルアップしています。

すごいなぁ…と、思いますよ♫

音符カードについて

楽器店へ行くと、音符カードも可愛らしい絵のついたモノ、ドイツ音名、日本音名など記されたモノ、大きいサイズ、小さいサイズのモノ…

本当に色んな種類のカードが置かれています。

私も、数種類購入して、使ってみましたが、けっきょく、20年近く前に手作りしたカードが1番使いやすいです…(^-^;

ナンと、手書きです(笑)

音符をパッと見て読めるようにしたいので、フラッシュカードのように、サッとめくって読めるようにするのですが、

市販のモノだと、大きいサイズは、大き過ぎてめくりにくく、小さいサイズは、小さ過ぎて、読みにくい。。

自分で作ったカードは、だいたいの感じで作ったのですが、レッスンでは、コレを使うことが1番多く、音符を覚え始めた生徒に順番に貸し出しています(笑)

プロの音楽家たち


音楽を仕事にすること…

一般的にどんなイメージがあるのでしょうね…。

私は子供の頃、両親から、「音楽では食べていけないし、それしかできないというのは人生の幅が狭くなりそうだから、違う道に進んでほしい。」と、言われ、「そんなものなのかなぁ…親が言うんだから、そうなのかもしれないなぁ…」

と、いうことで、音楽高校に進むかどうか…というところで、「音楽は趣味」と、決めて、普通科の高校から、大学の国文学科に進み、国語の先生になりました(笑)

小学生の頃、将来の夢は学校の先生でした。

音楽の先生か、国語の先生。

音楽の先生になるには、音楽大学に進学しないといけないので、親の思うところではなかったので、国語の先生になったわけですが…

高校の国語の先生になったんですけどね。

まぁ、楽しかったですけど。

もっと大人(?)になって、運良く、音楽の道に戻ることができ、現在に至るわけですが、

子供の頃、親に言われたことは、違っていたかもしれません。

「音楽では食べていけない。」…そんなモノは、やり方次第です。

「音楽しかできないようでは、人生の幅が狭くなる。」…私の知る限り、活躍している音楽家たちは、それしかできないということは、ありません。色んなことができます。そうでないと、音楽家としてやっていけないとも言えるでしょう。

そこに至るまでは、それなりに努力も、才能も、運も、縁も、必要ですから、厳しいといえば厳しい。

でも、楽しいです。演奏している写真を見ても楽しそうですよね!

 

0 コメント

第4回 Happy Sounds ピアノ&ゴスペル Concert☆

今年も夏の発表会が大盛況にて終わりました♫

写真は、開演間近の舞台袖。

第1stageのピアノ発表会に出演する、最初の出番の小さな生徒さんたちが集まっています。

幼稚園の年中さんから座っています。

心臓がバクバクいうほど、緊張してる子はいない様子。

顔が出せないのが残念ですが、みんな、とてもいい笑顔♡

プログラム順に、名前と曲名、そして、毎年、発表会に対する抱負を一言、事前のレッスンで自分で考えてもらって、それをアナウンスします。


みんな、自分の言葉で、「うーーん、うーーん、どうしようかなぁ…(*_*)」って考えながら、作文しています。

私が、(みんな偉いなぁ…(*^-^*))と、思うのは、どんなに小さな子でも、「頑張って上手に弾きたい♫」と、思ってくれるところ。

まだ、生まれて、4年とか、5年くらいしか経っていないのに、発表会を一つの目標して、それに向けて、「自分なりに頑張ろう!」と、思うって、スゴいことじゃないですか??

毎年、「発表会、楽しかったー!!(*^^)v」と、感じてもらえるようなレッスンをしていきたいと思います。




0 コメント

ゴールデンタイム、空き出ました~♫

3月頃、入会希望者さんからの問い合わせがあっても、なかなか私のレッスン空き時間との調整ができず、入会していただくことができなかったのですが…(´・ω・`)

4月に入って、小4生が部活が始まるとのことで、レッスン時間が遅い時間帯に変更になりました。

そこで、現在、火曜日の16:00~16:30と水曜日の16:30~17:00と17:00~17:30の空きが出ています!!

幼稚園、1年生からうちに通ってきてた子たちが、もう、「部活が始まるので…」というのですから、時が経つのは早いモノですね…(;'∀')

部活もピアノも勉強も、頑張って両立させていく力をつけて欲しいですね♫

ちなみに、私が小学生の時は、水泳部とバスケ部と器楽部の3つに所属していました。とても忙しかったです(笑)


今年も、夏のコンサートを6月24日、緑文化小劇場にて開催いたします。

今年は、講師主宰のゴスペルサークルに加え、元気になる♪歌声広場☆というシニアコーラスのサークルも出演します!!

ますます、パワフルに華やかなコンサートが開けそうですよー!お楽しみに~(^^♪

0 コメント

ことしもぴあのがんばります

ピアノ大好きな生徒さん(年長さん)からの年賀状です♫

ピアノの鍵盤と♫~♪~が、とーっても上手に描けましたね!(*^^)v

ピアノのレッスンもいつも頑張ってくれていますが、これくらいの年齢から、何かを頑張るということに挑戦していると、

大きくなってからも、色んなことに積極的に挑戦し、すぐにできなくても諦めずに、努力できる子になるだろうと思います。


「ピアノは、集中力と頑張る力を育てます。」なんて、言われますが、集中しないと間違えてしまいますからね…(^^;)

本当に小さな生徒さんでも、レッスンしている私が驚くほど、集中して楽譜を読みながら弾きますよ♪

0 コメント

明けましておめでとうございます♫

2017年に入りました!!

コッケコッコー!!

とても暖かい中、初日の出が拝めましたよ🎶

今年も、とても楽しい1年がスタートしそうです(*^^*)

今年の夏の発表会は、6月24日(土) 緑文化小劇場において、「歌おう♪Happyゴスペル☆」と、「元気になる♪歌声広場☆」の皆さんとの合同発表会になります。


日常生活に音楽が溢れている…生涯、そんな生活が送れることは、本当に豊かで幸せなことだと思います。

幼少の頃始めたピアノのレッスンが、音楽を楽しむ導入になることが多いです。

そんな大切な時間を、子供たちと一緒に楽しく過ごせるように、レッスンしていきたいと思います(*^^)v

今年もどうぞ宜しくお願い致します♫♫


0 コメント

今年も1年お世話になりました!

1年というのは、歳とともに、年々早く過ぎていくように感じますね。

生徒さんたちも、1年間本当によく練習し、レッスンに頑張って通ってきてくださいました(*^^*)

年内最後のレッスンでは、小さな生徒さんたちも「今年も1年お世話になりました。」と、ご挨拶できましたよ♫

3月、4月頃に入会したばかりの、年長さんの2人もお母さまから「今日は最後のレッスンだよね。ナンて言うの?」と、促していただき、ちょっとセリフが長くて難しかったのですが、「お世話になりました。」って言えました(*^^)v

今年入会された方は、3名でしたが、大人の生徒さんは、バイエル下巻の60番台、年長さんの2人も導入教材を終えて、赤バイエルの18番と、30番台後半にまで進みました!

素晴らしい~!!よく頑張りましたねー。

特に、大人の生徒さんは、音符が読めないところから、お仕事も毎日忙しいのに、もう60番台。
快挙といっても良いですね。

楽譜が読めるようになって、脳が指にきちんと指令を送れるようになって、そこから色んな表現かできるようになり、色んな曲が弾けるようになり…

ピアノの世界は奥が深く、生涯かけて楽しめる趣味となります。

私も、もっともっと、自分自身の幅を広く、豊かにして、生徒さんたちと共に音楽と人生を楽しんでいきたいと思います(*^^*)

0 コメント

第3回 Happy Soundsピアノ&ゴスペルconcert♫大成功!

先日、7/2(土) 第3回 Happy Soundsピアノ&ゴスペルconcert♫が大成功に終わりました!!

今回は、初めての出演という発表会デビューの生徒さんが3名もいたのですが、みんな、とても頑張ってくれました🎶

初めてなので、舞台袖からステージに出る瞬間がもう、ドキドキ!!

どうやって歩いたらいいんだろう…という様子(笑)

お辞儀の練習も、レッスン室で何回かやったのですが、本物のお客様を前にしてビックリして、お辞儀をすることを忘れて、じーーっと客席を見てしまう生徒さん。

後ろから、「はい、おーじぎ🎶」と、声をかけてあげたら、何とかお辞儀してくれました(*^^)v

発表会でびゅーの生徒さんたち、みんな連弾にしておいて良かったわ~☆

でも、とーっても可愛いので、客席の空気もとても良い雰囲気になりました。

裏方さんで手伝ってくれた、同業者のお友達が、舞台袖でたくさん写真を撮ってくれていました。

嬉しい記念になりますね~♪

第2ステージのゴスペルも、第3ステージの水野みどりさんによる、マリンバのゲスト演奏もすべてが素晴らしく、とてもバランスのとれた演奏会になりました。

今週は、もう通常レッスンが始まります。

1年後に素敵な曲が弾けるように、また頑張っていきましょう!!

続きを読む 0 コメント

今年のHappy Sounds☆ピアノ&ゴスペルconcert♫のチラシが完成しました!


☆日時☆  7月2日(土) 13:00開場  13:30開演

 

☆場所☆  豊明市文化会館 小ホール

今年も、ピアノの生徒さんとゴスペルの生徒さんとの合同発表会♫

ゲストに、マリンバ奏者の水野みどりさんをお招きして、私が伴奏させていただきます。

発表会!となると、小さい生徒さんも、オトナの生徒さんも、皆さんやはり気合いが違いますね…(^_^;)

年に1度、人前で演奏できる発表会。

とくに小さいお子さんは、

「こんなに上手に弾けるようになったの!」

と、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん…

身近なたくさんの方々に応援してもらって、日頃の成果を発揮できる嬉しさを味わってもらいたいなぁ…と、思います。

ピアノが習えるのも、ご両親のご理解と愛情があってこそ。


子どものうちは、その幸せをなかなか感じられないかもしれませんが、でも、とても素敵な時間ですよね。

(私って、みんなに愛されているなぁ…)

と、感じながら育つ子は、自分を大事にできると思います。

ピアノの発表会も、そんな機会の1つになれると良いなぁ…と、願っています。


皆さん、新学年に上がりますね!

桜満開の4月に入りました~!

ピアノ教室の生徒さんたちも、幼稚園、小学校、中学校の生徒さんたちが1学年ずつ上がります。

小学校を卒業して、中学1年生になる子もいます。

新しい生活が始まりますね!!

2月頃から数名の方が体験レッスンに来てくださいましたが、今のところ、保育園の新年長さんの生徒さんが2人入会してくださいました。

2人とも、体験レッスンの時から「ウフフフフ~!キャハハハハ~♫」と、ピアノを触るだけで楽しそう。

そして、レッスン室のグランドピアノを見た瞬間に目がキラキラになってました☆

1人の子は、3月までカ〇イのグループに通っていたので、私のところでのレッスンが始まるのは4月からですが、もう1人の子は3月からスタート。

まったく初めてピアノのレッスンを始めた子ですが、1ヶ月間、とても頑張ってお家で練習をしてきてくれました。

お母様が上手に練習に付き合ってくださっていることも大きいですが、やはり、年中さん、年長さんくらいからピアノのレッスンを始めると、音符を覚えるのが早いですね。

彼女、1ヶ月で低いドから高いドまでナンとなく覚えてくれたようです。


ヤ〇ハさんにしても、カ〇イさんにしても、グループレッスンでは、あまりきちんと音符を教えず、「とりあえず音楽を楽しみましょう。」
というようなレッスンをされているようです。

音楽を楽しむことも、もちろん大切なことですが、ひらがなを覚えるのと同じように、音符も幼稚園のうちに覚えてしまった方が早いんです。

この年齢の子供にとって、音符を覚えるのは、意外と難しくないことなのですが、小学校に上がってから覚えるとなると、ちょっと遅くなるのです。もちろん、覚えられないことはないですよ。

文部科学省の小学校学習指導要領にしても、ひらがなは、1年生で覚えれば良いことになっています。もちろん片仮名も。

でも、できれば、幼稚園のうちに平仮名、片仮名は覚えておいた方が、小学校に上がってからラクですね。

私は、音符も同じだと考えています。

ピアノ大好き♡になれるよう、私も楽しくサポートしていきますね~!(*^^)v

 

0 コメント

大人の初心者さんが入会してくださいました♫

あけましておめでとうございます♫ …から、あっと言う間に3週間近く経ちました…(^_^;)

 

年明けに、さっそくピアノlessonのお問い合わせをいただき、先日、オトナの初心者さんが体験レッスンから即入会してくださいました。

 

オトナの初心者さんには、「何かいついつまでに、弾きたいと思う曲がありますか?」と、お聞きします。 たとえば、「半年後の友人の結婚式で、お祝いに弾きたいのです。」 と、なった場合には、 「それでは、とりあえず、1曲弾けるように…というレッスンにしましょう。」と、進めます。

 

ただ、 「とくに、期限付きというわけではなく、長い目でみて、趣味にしていきたい。」 という場合ならば、 「それでは、音符を少しずつ覚えるようにして、自分で楽譜が読めるようになってから、弾きたい曲に挑戦しましょう。」 と、進めていきます。

 

『大人のバイエル』という教本も色々と出ていますが、私は、どうせバイエルからやるなら、『子供のバイエル』をお薦めします。 文句なしに音符が大きくて読みやすいですし、1番から順番に少~しずつ、難しくなっていくので、無理なく練習できます。

 

一般的に、『大人のバイエル』的な教本は、1番、2番、3番~とんで7番、8番、とんで10番、12番…のように、少しずつ飛んでいたりします。 そのため、前回の曲から一気に難しくなってしまった…と、感じることも多いです。

 

「大人になってから始めて、ちゃんと弾けるようになりますか?」 そんな、ご質問をいただくこともありますが、それは心配ありません。

 

大人の強みは、理解力の高さ。 ゆっくり時間をかけて、練習すれば、必ず弾けるようになります。 今回は、体験レッスンの30分間で、バイエルの6番くらいまで進みました。 「早く、弾けるようになりたいです♫」と、熱心なご様子でしたので、バイエルもあっというまに進みそうですね~(*^^)v

 

ちなみに、 「60の手習いに…(笑)」 と、始められて、バイエル下巻から練習していただいた大人の生徒さん、もう5年くらいになるのかな。。

 

ツェルニー100番、ツェルニー30番と進み、今年の夏の発表会では、ショパンのバラードを弾かれるんですよ!

 

お家の家事や、お仕事もされながら、よく頑張ってくださっているなぁ… と、私も頭が下がります。

0 コメント

ピアノを習い始める時期は?

昨日、年少さんの男のコが体験レッスンにきてくれました♫

年少さんくらいの子は、ピアノの鍵盤がまだまだ重いので、指も立たないので、ピアノに触る時間は短くしています。

でも、鉛筆をもって、〇を書く練習や、5線の上の正しい位置に〇を書く、色を塗る、などという作業をするうちに、少しずつ指に力が入るようになってきます。

これは、小学校お受験でも似たようなことをやるのですが、年少さんくらいのお子さんにとって、線の上の〇なのか、線と線の間の〇なのかといった位置の把握は、けっこう難しかったりします。

でも、これは、音符を読む力に直結するんですよね。

楽譜の挿絵の動物さんたちの数を数えたり、指の番号を覚えるためのトレーニングをしたり、挿絵から想像できるお話づくりをしたり…

『ぴあのどりーむ 幼児版』は、その点、挿絵も可愛らしいし、〇を書く練習などから少しずつ入るので年少さんに最適。

ずーっと、真ん中のドなのですが、これは、ピアノの先生が上手に色んな伴奏をつけてあげれば、ドだけでも音楽がつくられ、楽しめます。


私は、ピアノを習い始める時期は、年中さんからでも良いと思います。

ですが、年少さんからやっておくと良いこともたくさんあります。

小学校に上がってから、習うというのも良いと思います。

ただ、正直なところ、音符を覚える力は、幼稚園のうちの方が早いです。



年少さんのうちに、お母さんがおうちで色々なことをたくさん教えて差し上げておいて、年中さんもしくは、年長さんからピアノを習うというのが、良いかなぁ…と、感じます。

そして、楽譜を読む力は、最初からつけてあげたいですね。

 

0 コメント

発声練習~♫

今日は、ピアノの可愛い生徒さんが、発声練習のために(笑)、緑区のゴスペル教室の方に顔を出してくれました♫

まだ、小さいこの生徒さんは、正しい音程で声が出せません。

幼稚園、小学校低学年の子供は、声帯のコントロールが上手にできない子が多かったり、自分の声を耳で正しく聞き取れなかったりして、(大人でも、自分の本当の声は録音して聴いてみると違っていたりしますが…(^_^;))難しい場合があるんですよね。

音痴なんて言葉もありますが、私、現在、歌の会員さんも150名ほどいますが、音痴の方は1人もいません。

彼女も、ピアノの音当てはできるし、音階を歌ったものを録音して聴かせてみると、「あー、、違う~、、」と、ズレていることが分かります。
なので、これは音痴には該当しません。

小学校の学芸会でみんなで歌ったところ、どうも彼女が正しい音程で歌えないことを学校の先生が気にされたようで、、(^_^;)

心配されたお母様から、相談を受けました。

私は、「まったく気にすることはありませんよ。」と、お伝えしました。

じつは、私も、正しい音程の声が出せるようになったのは、小4で音楽専科の先生に変わってからです。

(あー、、高い声って、あーやって出すんだ…)と、いきなり分かりました(笑)

地声が低く、子ども声が出せないので、どうやって音域以外の音を声で出したら良いか分からなかったのですね。

今は、アルトですけど、高いドの上のシまで出ますからね。

大丈夫ですよ(*^^)v

 

0 コメント

集中して、覚えるコツをつかんだ子

小1のYちゃんは、とても頑張り屋さん。

子供のレッスンでは、たいてい、宿題にしてた曲をレッスンし、次の曲を初見で弾かせて、家で練習できるようにもっていきます。

Yちゃんは、習い始めて、3ヶ月くらいです。

次の曲は、4分の4拍子の12小節の曲でしたが、4分音符、2分音符、付点2分音符、全音符と、色んな長さの音符が出てきました。

初見なので、つい、付点2分音符を2拍で入ってしまったり、全音符を3拍でやめてしまいます。

「Yちゃん、これは何音符?」
「付点2分音符」
「いくつのばすの?」
「3つ」
「こっちは、何音符?」
「全音符」
「いくつのばすの?」
「4つ」
「そうだよねー。」

頭で理解はしているものの、指が待てないようです(笑)

すると、とつぜん、頭を両手でかかえて、

「これが3つで、こっちが4つ。これが3つで、こっちが4つ。」と、唱え出しました。

「Yちゃん、どうしたの?(+_+)」と、聞くと、

「こうやって、頭に入れてるの。」と。

素晴らしい☆

自分なりに、集中して何かを覚えるという方法を自然に編み出したようです。

 

0 コメント

保育士資格取得のレッスン♫

幼稚園・保育園でお仕事をする保育士さんになるためには、保育士資格というのが必要になってきます。

これは、保育系の短大・大学・専門学校から通信教育での受講などで資格が取れるわけですが…

幼児を教育するときに必須なのが「お歌の時間♫」

小さな、まだ文字の読めない子供たちは、歌を歌うことで言葉を覚えていきます。

 

 

歌を通して、お友達と仲良くすること、日本の四季や自然に親しむこと、家族の大切さ、、色々なことを学びます。

大きな声で歌を歌うことで、呼吸器系の発達、美しいメロディーに触れること、友達と声を合わせて歌う喜び…などなど、言い出したらキリがないほど、「お歌の時間♫」で、学べることは多いです。

保育士資格取得のためのレッスンや、保育士さんになられた方、小学校の先生など、授業で必要になるピアノのレッスンをすることもあります。

保育士資格試験では、「弾き歌い」といって、童謡や唱歌を「弾きながら歌う」というテクニックが必要になります。

このレベルとして、一般的には、バイエル上・下巻修了程度と言われます。

ですが、やはり、できればそれ以上に弾けた方が、ラクに弾き歌いはできます。

また、楽譜通りに弾けなくても、伴奏付けが得意な方が応用がきくでしょう。

現場で必要になってくるのは、「子供の様子を観察しながら、大きな声で歌えること。」ではないかと、私は思います。

これって、バイエル下巻を必死で弾くというレベルでは、難しいですよね~、、(^_^;)


保育士さんのためのレッスンでは、歌も歌いながらのレッスンをしています♫

まずは、声が出ない方も多いので、ヴォイス・トレーニングもやりますよ(^_^)v

 

0 コメント

真ん中のドと高いド

初めてピアノに触れる小さな生徒さんは、真ん中のドと高いドからのレッスンになります。

右手だけで、真ん中のドを弾きます。


右手と左手と交代しながら、真ん中のドを弾きます。

4分音符と2分音符、付点2分音符、組み合わせて真ん中のドを弾きます。

そして、高いドの方も同じように弾きます。

そして、少しずつ、楽譜にレが出てきて、ミが出てきて、、ほんの少しずつ音符が増えてきます。

ピアノが好きな子は、これだけでも、とても楽しそうに弾いてくれますよ♫

0 コメント

先週は、体験レッスン2名様~♫

HP開設の影響か、発表会の影響か、先週は2名の体験レッスン予約をいただきました♫
 
1人は、小学校1年生のオンナの子。

 

そして、もう1人は、22歳のオトコの子?社会人です(笑)

まずは、小1の女の子からのご紹介です。
  
お母様のピアノがお家にあるということで、小学校でも鍵盤ハーモニカを習い始め、ピアノを習うならそろそろかなぁ…と、来てくださいました♫

私も、子供の頃からずーっと、もう、大人になるまで、母のアップライトで練習していましたからね、お母様のピアノでナンの問題もありません。

オトナになって、ピアノの伴奏のお仕事を始めるようになってから、どうしてもグランドピアノが欲しくなり、自分でYAMAHAのCFⅢをGetしました。

「電子ピアノかキーボードでも良いですか?」というお問い合わせには、

「住宅事情や転勤などで、仕方がない場合は、電子ピアノでも構いません。大人の趣味の趣味の趣味で始める場合も、良いでしょう。でも、お子さんが長年かけてピアノを習得するということならば、できればピアノが良いですよ。」と、お伝えしています。

タッチの問題で、電子ピアノや、キーボードで弾いていると、指がいつまでたっても強くならないんです。

また、音色や、音量調節、ぺダリング…
専門コースに進むわけではなくても、やはりこの辺を自分の身体を使って表現できるようになると楽しいんですよね。

これから、長年かかって、ピアノを習得しようとされている小さなお子さんには、ピアノがお薦めですよ♫

初めての体験レッスンを頑張ってくれたYちゃん。

7月からレッスン・スタートです☆

たくさん、素敵な曲が弾けるようになるよう、一緒に頑張りましょうね~(^_^)


  


0 コメント

第2回 Happy Soundsピアノ&ゴスペルconcert♫ 大・大・大成功でした~!

今年も6月20日に発表会が無事に終わりました♫

ピアノの生徒さんは、小学校の2年生~中学生、高校生、大人まで皆さんとても頑張って個性豊かな演奏を披露してくださいました。

お客様からも、「可愛かったね~♡」「頑張ってたね~☆」と、お褒めいただき、嬉しそうな生徒たち。

私の発表会は、ゴスペルの生徒さんたちと合同でやるので、オトナがたくさん集まって元気に歌う姿を見てもらえるのも刺激になるかな、と思っています。

そして、毎年、名古屋、中部圏で活躍していらっしゃる演奏家をゲストにお招きし、私が伴奏するので、プロの演奏も聴いていただくことができます。

音楽というのは、ピアノに限らず、色んな楽器があり、歌がある…そして、皆が頑張って、楽しんで、活動の形も色々あるんだなぁ…ということを子供の生徒さんたちにも感じてもらいたいと思っています。


また、次回のレッスンで皆さんの感想を聞かせてもらえるのが楽しみです(*^_^*)

0 コメント

ようやく、ピアノ教室のHPが完成しました!

 完成……?

 いえいえ、もう少し、オトナの生徒さんの写真を張り付けたり、あと少しかかり ますが、とりあえず一般公開してしまいます。

 6月20日の発表会に向けて、生徒さんたちも、最後の最後の追い込みです。

 豊明文化会館小ホールにて13:00開場 13:30開演になります。

 皆さま、こぞってお出かけください。